Khora

水津達大_Khora 泉屋博古館東京 2023

Sea trace

水津達大_Sea trace Sea trace (2021.11.23.厳島) 2022-6 M10

水津達大_Sea trace photo:KATO Ken

水津達大_Sea trace

「Sea trace」は、厳島で見た夜明け直前の青い海景からインスピレーションを得た。現代の文明生活を享受している私が東アジアの伝統的な絵画の文脈に則った手法を採用することで、自然を媒介としながらその背後に潜む世界の無限性を想起させる「幽玄」を現代的に表している。
作品に用いられている群青(azurite)や和紙などの材料は、伝統的な自然由来の素材であり、作品と自然との連続性を担保している。また、特定の土地で採取した海水を絵具に混ぜることで、作品に風土性や自然との関係性を明示しようとしている。また、制作者自身が現地に赴いたという身体性や具体性を作品に与えるために、タイトルには使用した海水の採取地と日時を記載している。

Khora

水津達大_Khora Khora 2023-16 P10

水津達大_Khora

日本では古来より自然を介して論理に依らない<直観の領域>を把握し、時代ごとの美意識を見出してきた。私は普遍性をもつ新たな美意識を目指して<直観の領域>の表現方法を探っており、探求の標としてタイトルを「Khora(コーラ)」としている。この言葉はプラトンの『ティマイオス』に現れる概念で、存在が存在するための「場」、もしくは理性や言語によって物事を分割して整理する論理とは異なる領域を表していると解釈した。そしてその領域は東洋思想と相互アクセス可能だと考えている。
作品には、西洋の近代化によって生まれたアルミニウムを材料に東洋の筆法の線を描き重ね、線にはたらし込みの技法も用いた。それぞれの文化文明の技術や概念を包括し反復することで、普遍性を持つ新たな<直観の領域>の表現を試みている。

空也上人像

水津達大_空也上人

遊心方外

水津達大_遊心方外 遊心方外 2023-3 F6

水津達大_遊心方外 遊心方外 2023-2 F6

水墨画の概念を取り入れて自然な滲みやしみを満開の桜や散る花びらに見立てた作品。平安時代の歌人、西行法師の和歌から想起される、現在いる場所とは異なる場所へ行ってしまうようなイメージや、実際に桜の時期の吉野への取材から湧き上がってきた胸中の「花の雲」の印象を絵画化することを意図している。
そのため作品は明確な描画をせず、絵の具の流れや自然にできた滲みを生かし、自身の意識を超えたところに立ち現れる表情を見せるようにしている。また、滲みを生かすため、素材は和紙や胡粉といった自然由来の日本の伝統的な画材を使用している。
具体的には、胡粉を塗った画面を水で湿らせ、その上に絵の具をのせた時に広がる滲みをそのまま、あるいは乾いた後に絵の具を落としたりしながら画面全体のバランスをとって完成としている。
このような制作方法は、レオナルド・ダ・ヴィンチや土佐光起らの染みや余白に関する絵画論(レオナルド自身は否定的に語っているが)を積極的に肯定し、現代的な美意識に生かそうとするものである。

風早

水津達大_風早

水津達大_風早

道路や電線が同居する歌枕の景色に、日本の文化と西欧の文明生活が交錯する世界を見出した。そこからインスピレーションを得て風力発電やその周囲の木々を平安時代の絵巻などに見られる白描画法で描いた。風力発電は自然エネルギーの利点や課題など様々な情報を内包する存在であるが、私は風力発電それ自体の佇まいに詩情を感じ、モチーフとしている。
基底材には書の世界で使われる料紙やファインペーパー、また一部には平安時代の古筆を再現した特注の料紙も使用している。風力発電という現代の構造物を古典由来のアイデアで描くことで、古今東西の文化文明の先にある現代的な美意識を表現することを企図している。

水辺

水津達大_水辺 水辺 2022-5 P30

水津達大_水辺 水辺 2022-6 P30

水津達大_水辺 水辺 2022-7 F10

水津達大_水辺 水辺 2022-19 F10

水津達大_水辺 水辺 2022-14 F10